*

難病患者支援 年内に見直し?

少し気になる記事を見つけてしまいました。
今回は北海道新聞さん(難病患者支援 広く薄くでは不十分だ(9月23日))からの引用です。
簡潔に言うと、

  • 厚生労働省の難病対策委員会は医療費を助成する難病の対象拡大を求めている。
  • ただ一方で、すでに助成を受けている対象の難病の見直しも求めている。
  • 対象から外れたり、助成額の削減のおそれがある。
  • これまで助成の選考過程が不透明であった。
  • 見直しに当たっては、患者の生活実態や治療成績を踏まえて判断すべき。
  • 政府は社会保障費の削減の動き。来年度予算案の編成に向け「最大限の効率化を図る」。
  • これまで助成額が財政事情により左右されてきた。
  • 厚労省は安定した財源確保のため助成制度の法制化も検討している。

政府の決定や、市区町村の合併、政令指定都市化などで制度内容が変更されることがありますが、どこか患者の実態とは別の判断基準で物事が決まっていきますよね。
今後、この問題がどうなるか気になります。。。

新聞記事はすぐ削除されてしまうので、ここにコピペさせてください。

難病患者支援 広く薄くでは不十分だ(9月23日)

厚生労働省の難病対策委員会は医療費を助成する難病の対象拡大を求める中間報告をまとめた。

年内にも新たな対象や助成内容を決める

 原因不明で治療法も確立していない難病の患者は長期療養が必要で、経済的、精神的負担が大きい。助成が広がれば、今まで支援の光が当たらなかった患者に朗報となろう。方向性は評価できる。

 中間報告は一方で、既に助成を受けている難病についても見直しを求めており、対象から外れたり、助成額が削減されたりする恐れがある

 対象拡大に伴い、現在助成を受けている人にしわ寄せが及ぶようでは本末転倒だ。

 病気が治癒する見通しのないまま突然、自己負担が増えては安心して療養生活を送れない。助成水準が下がることは避けたい。

 難病は、5千~7千種もあるといわれる。厚労省は《1》患者が少ない《2》原因不明《3》治療法が未確立《4》長期療養が必要―の四つを基準に、130疾患に研究費を助成している。

 そのうち治療が困難で、経済的負担が大きい再生不良性貧血や筋萎縮性側索硬化症(ALS)、クローン病など、患者がおおむね5万人未満の56疾患が医療費の助成対象だ。

 患者の所得に応じて自己負担に上限があり、重症者には負担がない。

 これまで助成の選考過程の不透明さもあり、対象から外れた難病の患者から強い不満が出ていた。今回の見直しは、患者の不公平感を緩和するのが狙いだ。

 寝たきりになる患者が目立つ慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)のように原因不明にもかかわらず、約30万人という患者数の規模から助成対象になっていない疾患は多い。

 そもそも患者数を難病の基準とするのは理解に苦しむ。見直しに当たっては、患者の生活実態や治療成績を踏まえて判断すべきである。

 気になるのは、政府の社会保障費の削減の動きだ。来年度予算案の編成に向け「最大限の効率化を図る」とされたからだ。

 難病への医療費助成は国と都道府県が折半する取り決めになっている。しかし国は必要な予算を確保できず、制度を維持するため自治体の持ち出しが続いているのが実態だ。

 さらに国が予算を絞り込むようだと財源が足りず、対象が広がっても助成幅が薄くなる可能性がある

 助成は厚労省の内規である要綱が根拠だ。このため助成額が財政事情により左右されてきた。

 厚労省は助成制度の法制化も検討している。安定した財源や選考の透明性確保のためにも、法制化に向けた作業を急いでほしい。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/406240.html

にほんブログ村のランキングに参加しています!
こちらをクリックいただくと、このブログがランクアップします(・∀・) ご協力よろしくお願いします! にほんブログ村 病気ブログ もやもや病へにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

皆様から頂いたコメントは下記の関連記事、新着記事をスクロールし、その下に表示されます。

関連記事

1351744249_news

もやもや病の責任遺伝子が脂肪代謝の制御因子?

研究がどんどん進んでいることはとても嬉しです! そして「研究が進むた...

記事を読む

1351744249_news

「もやもや病、ミトコンドリアの異常が発症に影響」 韓国研究グループ

ソウル大学子ども病院のキム・スンギ教授の研究グループは、「もや...

記事を読む

warning

訂正【ご協力依頼】

追記:2016/11/27 ごめんなさい!リンク先に何も表示されてい...

記事を読む

warning

【必読】もやもや病 ここまできた診断・治療(PDF)

公益財団法人 循環器病研究振興財団が発行したもやもや病のことを詳しく書...

記事を読む

1351744249_news

もやもや病専門外来 九大病院、7月開設 治療法研究も

九州大学病院(福岡市東区)は7月1日、国指定の難病である「もやもや病」...

記事を読む

新着記事

20140724-093923-34763675.jpg

オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

奈桜さんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 48歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

すーさんの場合

1. 発症した年齢 2歳 2. 現在の年齢 2歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

やぱぎさんの場合

(投稿いただいてから掲載まで時間がかかってしまいました。失礼いたしまし...

記事を読む

Comment

  1. 脳梗塞 最新情報 – 知識陣 (健康 医療)

    脳梗塞 に関する最新情報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

20140724-093923-34763675.jpg
オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
奈桜さんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 48歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
すーさんの場合

1. 発症した年齢 2歳 2. 現在の年齢 2歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
やぱぎさんの場合

(投稿いただいてから掲載まで時間がかかってしまいました。失礼いたしまし

20140724-093923-34763675.jpg
えだまめさんの場合

1. 発症した年齢 33歳 2. 現在の年齢 34歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
メガネっ子さんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 42歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
ろっくまるさんの場合

1. 発症した年齢 - 歳 2. 現在の年齢 52歳 3. お住まいの

1351744249_news
もやもや病の責任遺伝子が脂肪代謝の制御因子?

研究がどんどん進んでいることはとても嬉しです! そして「研究が進むたび

20140724-093923-34763675.jpg
ポットさんの場合

1. 発症した年齢 14歳 2. 現在の年齢 16歳 3. お住まいの

→もっと見る

  • みなさんのもやもや病に関する情報を共有しませんか? 原因がわからない病気で、症状や治療法はひとそれぞれ。手術が必要な場合だったり、検査を受けるべきか悩んでいたり。手術は受けたけど、数年後はどうなるの?とか。 同じもやもや病のみんなはどうなんだろう。 「私の場合はこうだったよ」と共有していただけると他の誰かが救われるかもしれません。ご家族が少しでもホッとするかもしれません。 もし誰かが公開した内容でアドバイスできることがあれば、そっと返信していただけるともっと助かるかもしれません。 ご協力お願いいたします!
  • 小児神経科、脳神経外科、神経内科を受診して、MRIMRAの精密検査を受けてください。MRI(磁気を使った断層撮影)とMRA(磁気を使った脳血管造影)が診断に極めて有用です。MRAは全く造影剤は使いません。寝ているだけで血管検査ができます。
  • TOBYO
PAGE TOP ↑