*

飛行機で搬送。

術後、悪夢の脳梗塞から復帰し、ICUから一般病棟に戻ってしばらくすると、今度は反対側の右脳の状態が気になり始めました。
もやもや病は両側に脳血管の異常が見つかる(左右で程度に差があることもあります)病気です。
左側はすでに脳梗塞を起こすまで進行してしまっていたわけですが、右側も虚血が認められる部分があり、どう対処していくべきか、医師から家族へ説明があったようです。
右側は早急に手術が必要という状況ではなく、今後の脳梗塞などを予防するための手術が必要ではないかという説明がありました。

選択肢は2つ。
1. 今の病院(海外)で手術を行う。ただし、時間もお金もかかる。
2. 日本に帰国して日本の病院で再度検査する。

医師のすすめは、日本へ帰国することでした。
理由は、もやもや病の研究は日本が一番進んでいること、技術も進んでいること、何より日本語で医療を受けることで安心できること。
(決してその先生が自信がないからじゃないですよ・・・)

ただ・・・、まだ手術してひと月経過していない時期ということと、安定しない血圧、あと・・・トイレが心配でした。
飛行機での搬送は、可能なんだろうか??
上空の機内は気圧が下がるから血圧も心配だね、、とか冗談半分に脅されたり(泣
気圧もそうですが、エコノミー症候群のように血栓とかできたら最悪ですし・・・
この頃はまだ一人でトイレに行けなかったので、とにかくそれが心配だった・・・

病院としても許可できるかどうか、担当の医師だけでは判断できず、この計画が許可されるまでは、数名の医師が入れ代わり立ち代わり、毎日のように体調などをチェックしにきました。
その間、日本での受け入れ病院をコーディネートしていただいたりもしました。

最終的に、ドクターエスコート(医師同席での搬送)での帰国が許可されたのですが、これまたお金がかかるんですねぇ。。

  • 一緒に飛行機に乗る医師の人件費。
  • エアチケット代。自分の分と母親の分、さらに、もちろん医師の分も。しかもビジネスクラス。。。
  • 到着現地での医師の滞在費用(ホテル、移動費)

まぁ、、、安心を買ったということで納得せざるを得ないです。

いざ帰国が決定したら、とにかく血圧を安定させる!。そして、トイレの練習!でした。

ちなみに、もやもや病の方でも、症状が落ち着いている患者さんであれば飛行機にも乗れるようですので、ご自分の主治医に相談してみるのがいいと思います。

にほんブログ村のランキングに参加しています!
こちらをクリックいただくと、このブログがランクアップします(・∀・) ご協力よろしくお願いします! にほんブログ村 病気ブログ もやもや病へにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

皆様から頂いたコメントは下記の関連記事、新着記事をスクロールし、その下に表示されます。

2012/03/02 | 思い出し日記

関連記事

6059989775_51169db580_z

直接バイパス後の過潅流

わたしの2回目の手術は、直接バイパス手術と間接バイパスを右側の脳に...

記事を読む

no image

術後、口が開きにくい

夕飯の後にアイスを食べていたら、口の中を噛んでしまって思い出しました。...

記事を読む

no image

上がらない血圧。減らない点滴。

思い出したくもないんですが、脳梗塞を再発し、ICUに戻ってからは一体何...

記事を読む

no image

間髪入れずにリハビリ

脳卒中のリハビリテーション(リハ)は3つに分類されます。 急性...

記事を読む

新着記事

no image

青空さんの場合

1. 発症した年齢 12歳 2. 現在の年齢 12歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

はるちゃんさんの場合

1. 発症した年齢 30歳 2. 現在の年齢 32歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

しまたかさんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 45歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 ...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
青空さんの場合

1. 発症した年齢 12歳 2. 現在の年齢 12歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
はるちゃんさんの場合

1. 発症した年齢 30歳 2. 現在の年齢 32歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
しまたかさんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 45歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
奈桜さんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 48歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
すーさんの場合

1. 発症した年齢 2歳 2. 現在の年齢 2歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
やぱぎさんの場合

(投稿いただいてから掲載まで時間がかかってしまいました。失礼いたしまし

20140724-093923-34763675.jpg
えだまめさんの場合

1. 発症した年齢 33歳 2. 現在の年齢 34歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
メガネっ子さんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 42歳 3. お住まいの

→もっと見る

  • みなさんのもやもや病に関する情報を共有しませんか? 原因がわからない病気で、症状や治療法はひとそれぞれ。手術が必要な場合だったり、検査を受けるべきか悩んでいたり。手術は受けたけど、数年後はどうなるの?とか。 同じもやもや病のみんなはどうなんだろう。 「私の場合はこうだったよ」と共有していただけると他の誰かが救われるかもしれません。ご家族が少しでもホッとするかもしれません。 もし誰かが公開した内容でアドバイスできることがあれば、そっと返信していただけるともっと助かるかもしれません。 ご協力お願いいたします!
  • 小児神経科、脳神経外科、神経内科を受診して、MRIMRAの精密検査を受けてください。MRI(磁気を使った断層撮影)とMRA(磁気を使った脳血管造影)が診断に極めて有用です。MRAは全く造影剤は使いません。寝ているだけで血管検査ができます。
  • TOBYO
PAGE TOP ↑