*

セカンドオピニオン。

このブログを初めて、もやもや病患者の方やご家族の方からご連絡をいただくことがありました。
こんなブログでも見ていただけて恥ずかしいですが、嬉しくもあり、また無力だなぁとも思います。
いろんな話があります。そこにはいろんな症状があります。いろんな悩みがあります。
それでも、残念ながら、わたしからお返事できることは、ほんとうに少ないんです。

先日、「ある母親の思い」という記事で紹介しました。
そのなかで気になったセカンドオピニオンというものについて取り上げたいと思います。
とてもストレートで、何度も読んでしまいました。
(追記:※ご本人のtonさんから、コメントいただきました。是非そちらもコメント欄をご参照ください。

セカンドオピニオンのこと
もやもや病は全国でだいたい1万人という患者数です
聞くところによると、現役の脳外科医は5千人とか
単純に計算したら1人の脳外科医に2人という患者です
もやもや病の患者を診たことはありますと言われても、10人未満という先生も少なくありません

その先生は、確かに良い先生でしょう
脳外科医の先生はとても優しい先生が多いと思います
けれど、優しい、良く話を聞いて下さる先生と、
もやもや病の手術が出来る先生とは違うのではないでしょうか

もやもや病は脳血管の病気です、脳血管の手術なら、
お年寄りにも多くあって脳外科医なら普通にしている手術なのかもしれません
でも、例えば子供の血管の場合、1ミリもないという細い血管の場合と成人とは違うでしょう
もやもや血管という細いもろい血管の扱いになれている先生と、
脳卒中のお年寄りの場合とは違うのではないかと思います

数少ないもやという病気、
この症例を多く持っている先生に手術をして貰いたいという患者の思いは当然の思いです

セカンドオピニオンとして、もう1人の先生の受診を考えて欲しいと思います
今の主治医の技量を問題にしているのではないのです
経験しようにもしようがなかった数少ない病気です
経験の多い先生に見て欲しいと思うのは当たり前の気持ちです

もやもや病のこんな思いを・・・

少しでも多くの情報を、知識を

今かかっている主治医以外の意見を聞いてみたい、方針に疑問がある、または、単純に「相性」というのもあるかもしれません。
いずれにせよ、家族も(時には患者自身も)病気について勉強するべきなんだと思います。
知識がつけば、疑問も浮かんできます。
それを主治医に質問してみる。納得のいく回答をしてくれるのかどうか。
または今の病院、主治医の実績などを調べてみる。

いまの主治医に失礼かな・・・

ただ主治医との関係もとても大事ですよね。これは伝え方を工夫すればいいのかな。
「先生の治療方針に疑問があります」とか「もっと信頼出来る病院を探したい」とか、そういう言い回しはやっぱりマズイでしょうねぇ。。
うーん、当たり障りなく「いろんな意見を聞いてみたいと思ってます」というのが良いような気がします。
(「私はこんな感じで伝えたよ」というアドバイスがあれば是非教えて下さい)

気になる費用は・・・

費用については、全体傾向として30分1~2万円前後が多いようですが、中には数万円の費用が設定されている病院もあるようです。
また、セカンド・オピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となります(なお保険医療機関を受診し保険証を提示して、患者が一般外来での保険診療を希望する場合は、保険診療の取扱いとなる)。
個人的には、セカンドオピニオンの重要性を感じている病院であるほど、費用などの情報も積極的に開示しているような印象があります。そういう安心感もポイントでしょうか。

相談できる場所

時間とお金を無駄にしないためにも、準備は必要です。(詳細は参考リンクなどをご確認ください)
それを面倒と感じるかもしれません。
でも、、、納得しないままで治療を受けることよりは、じっくりと医師に相談に乗ってもらい、疑問もすっきりし、情報も得られれば、前向きになれるのではないでしょうか。
相談できる場所は、セカンドオピニオン(医療機関)でなくても、家族の会や、難病支援センターなどもあると思います。

参考リンク

ちなみに、、私の場合は、家族が最初の主治医にセカンドオピニオンについて質問したそうです。
でも、主治医の意見では、そもそもここ(海外)での治療より日本での治療を強くすすめるということで、セカンドオピニオンではなく転院を勧められました。
今のところ病院と主治医にも恵まれ、納得のいく治療を受けることができていて、セカンドオピニオンを検討する段階にはいたっていません。

でもですね、わからないことは聞く(家族に聞いてもらってる)。しつこいくらいに。
こうすることで納得できています。

にほんブログ村のランキングに参加しています!
こちらをクリックいただくと、このブログがランクアップします(・∀・) ご協力よろしくお願いします! にほんブログ村 病気ブログ もやもや病へにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

皆様から頂いたコメントは下記の関連記事、新着記事をスクロールし、その下に表示されます。

関連記事

1351744249_news

もやもや病の責任遺伝子が脂肪代謝の制御因子?

研究がどんどん進んでいることはとても嬉しです! そして「研究が進むた...

記事を読む

1351744249_news

「もやもや病、ミトコンドリアの異常が発症に影響」 韓国研究グループ

ソウル大学子ども病院のキム・スンギ教授の研究グループは、「もや...

記事を読む

warning

訂正【ご協力依頼】

追記:2016/11/27 ごめんなさい!リンク先に何も表示されてい...

記事を読む

warning

【必読】もやもや病 ここまできた診断・治療(PDF)

公益財団法人 循環器病研究振興財団が発行したもやもや病のことを詳しく書...

記事を読む

1351744249_news

もやもや病専門外来 九大病院、7月開設 治療法研究も

九州大学病院(福岡市東区)は7月1日、国指定の難病である「もやもや病」...

記事を読む

新着記事

no image

青空さんの場合

1. 発症した年齢 12歳 2. 現在の年齢 12歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

はるちゃんさんの場合

1. 発症した年齢 30歳 2. 現在の年齢 32歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

しまたかさんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 45歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 ...

記事を読む

Comment

  1. ton より:

    私は自分の話の中でセカンドオピニオンという言葉を使いましたが
    実際は、症例を多く持って居る先生の所に、他の先生に診て戴くことをおすすめしたいと思っています
    このとき、セカンドオピニオンと言ってしまえば、3万なにがしの費用が掛かってしまいます

    大きな病院にセカンドオピニオンと言って行けば良いということではなく、多くの症例を持って居る先生に診て戴き、そのまま治療に入って戴くことが可能なように・・・です

    セカンドオピニオンはそのまま治療につながりませんし、病院の紹介もなく、これはもやもや病ですと言われると言うことだと思います

    病気の診断が付かないときならそれでも良いのでしょうが、もやもや病と確定されていてそれは無意味です

    症例を多く持っている病院に行って診て戴きたい
    今までの主治医には、色々調べたけれど、○○の病院に行ってみたいとはっきり言えば良いと思います

    難病だからと、これ以上は仕方がないと言われるままではなく、1つの病院だけにとどまることなく、患者が多く行く病院を是非訪ねて欲しいと思います

    • nyarock より:

      tonさん
      ご本人からコメントをいただけて、感謝しています。
      単純にセカンドオピニオンという言葉の意味を説明してしまった自分が恥ずかしいです。
      やはり経験から出る言葉には強い力がありますね。

  2. もやもや病勉強中 より:

    記事更新お疲れ様です。
    セカンドオピニオンネットワークの「担当医リスト」をみましたけど、これはガン専門のリストなんですね。こういう風にもやもや病専門のリストが出来上がるとベストなんでしょうね。過去記事「セカンド・オピニオン」を改めて読ませてもらって知ったのですが、「診療情報提供書」というのがガンとかになると書式がしっかりしていそうですが、もやもや病の(つまりは脳神経外科の)場合は書式が安定していないイメージを持ちますね。
    山口は雨続きで寒いです。春が待ち遠しいですね。

    • nyarock より:

      いつもコメントありがとうございます!
      もやもや病専門医のリスト、存在するなら是非見てみたいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
青空さんの場合

1. 発症した年齢 12歳 2. 現在の年齢 12歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
はるちゃんさんの場合

1. 発症した年齢 30歳 2. 現在の年齢 32歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
しまたかさんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 45歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
奈桜さんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 48歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
すーさんの場合

1. 発症した年齢 2歳 2. 現在の年齢 2歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
やぱぎさんの場合

(投稿いただいてから掲載まで時間がかかってしまいました。失礼いたしまし

20140724-093923-34763675.jpg
えだまめさんの場合

1. 発症した年齢 33歳 2. 現在の年齢 34歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
メガネっ子さんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 42歳 3. お住まいの

→もっと見る

  • みなさんのもやもや病に関する情報を共有しませんか? 原因がわからない病気で、症状や治療法はひとそれぞれ。手術が必要な場合だったり、検査を受けるべきか悩んでいたり。手術は受けたけど、数年後はどうなるの?とか。 同じもやもや病のみんなはどうなんだろう。 「私の場合はこうだったよ」と共有していただけると他の誰かが救われるかもしれません。ご家族が少しでもホッとするかもしれません。 もし誰かが公開した内容でアドバイスできることがあれば、そっと返信していただけるともっと助かるかもしれません。 ご協力お願いいたします!
  • 小児神経科、脳神経外科、神経内科を受診して、MRIMRAの精密検査を受けてください。MRI(磁気を使った断層撮影)とMRA(磁気を使った脳血管造影)が診断に極めて有用です。MRAは全く造影剤は使いません。寝ているだけで血管検査ができます。
  • TOBYO
PAGE TOP ↑