*

鈴木の6期相分類(もやもや病の進行過程)

もやもや病の病期は1期から6期に分類されている。
もやもや病を命名した東北大学の鈴木二郎氏による(特に小児例における)病気の進行過程を脳血管撮影所見。
当時はMRIMRAは普及していなかったため、脳血管撮影の所見からの分類。

第1期:
Carotid fork狭小期。内頚動脈終末部の狭窄

第2期:
もやもや初発期。内頚動脈終末部の狭窄にもやもや血管が見られる

第3期:
もやもや増勢期。もやもや血管が増勢し前大脳動脈、中大脳動脈群が脱落し始める

第4期:
もやもや細微期。病変が後ろへ及び後大脳動脈群が脱落し始める

第5期:
もやもや縮小期。内頚動脈系主幹動脈がほとんど消失

第6期:
もやもや消失期。外頚動脈および椎骨動脈系よりのみ血流保全

この分類にもいろいろ問題があります.それは、多くの症例が3-5期に分類され、特に3期が多く、1期や6期が少ないこと、また、臨床症状とこの病期が あまり関係がないことが挙げられます.確かに、血管撮影上は、1期から6期の方へ進行するようなのですが、3期の方が6期より軽いかというとそうではありません. 血管撮影上の閉塞・狭窄の度合いの目安と考えています.また、1期や6期ではもやもや血管は血管撮影上で認められないため、もやもや病の定義から言うと、 もやもや病でないという矛盾が出てきます.2期の血管拡張が本当に認められるのかも疑問です.こんなことは、患者さんに関係のないことなのですが、 この病気の病態の解析や統計をとる上で重要なのですが、曖昧のままで今日に至っています.
もやもや病の病期

にほんブログ村のランキングに参加しています!
こちらをクリックいただくと、このブログがランクアップします(・∀・) ご協力よろしくお願いします! にほんブログ村 病気ブログ もやもや病へにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

皆様から頂いたコメントは下記の関連記事、新着記事をスクロールし、その下に表示されます。

2012/02/02 | 用語, 用語 - さ行

関連記事

no image

直接バイパス手術、直接吻合術(ちょくせつふんごうじゅつ)、STA-MCAバイパス手術

脳卒中を防ぐ技術 (脳神経外科専門医が教える) ↑↑こちらの本、とて...

記事を読む

no image

血管造影(けっかんぞうえい、アンギオグラフィー、アンギオ)

動脈、静脈、心腔などの血管内部またはルーメンの状態を可視化する医用画像...

記事を読む

no image

特定疾患(とくていしっかん)

いわゆる「難病」のうち日本において厚生労働省が実施する難治性疾患克服研...

記事を読む

no image

もやもや血管(側副血行路、そくふくけっこうろ)

正常血管に見られるような内膜、中膜、外膜といった細胞組織を持たない血管...

記事を読む

no image

MRA(エムアールエー、磁気共鳴血管造影、じききょうめいけっかんぞうえい、MRアンギオグラフィ)

核磁気共鳴画像法 (MRI) を用いて特に血管だけを取り出し鮮明に画像...

記事を読む

新着記事

20140724-093923-34763675.jpg

オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

奈桜さんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 48歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

すーさんの場合

1. 発症した年齢 2歳 2. 現在の年齢 2歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

やぱぎさんの場合

(投稿いただいてから掲載まで時間がかかってしまいました。失礼いたしまし...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

20140724-093923-34763675.jpg
オマキさんの夫さんの場合

1. 発症した年齢 52歳 2. 現在の年齢 52歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
mayuさんの場合

1. 発症した年齢 39歳 2. 現在の年齢 41歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
奈桜さんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 48歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
すーさんの場合

1. 発症した年齢 2歳 2. 現在の年齢 2歳 3. お住まいの地域

20140724-093923-34763675.jpg
やぱぎさんの場合

(投稿いただいてから掲載まで時間がかかってしまいました。失礼いたしまし

20140724-093923-34763675.jpg
えだまめさんの場合

1. 発症した年齢 33歳 2. 現在の年齢 34歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
メガネっ子さんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 42歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
ろっくまるさんの場合

1. 発症した年齢 - 歳 2. 現在の年齢 52歳 3. お住まいの

1351744249_news
もやもや病の責任遺伝子が脂肪代謝の制御因子?

研究がどんどん進んでいることはとても嬉しです! そして「研究が進むたび

20140724-093923-34763675.jpg
ポットさんの場合

1. 発症した年齢 14歳 2. 現在の年齢 16歳 3. お住まいの

→もっと見る

  • みなさんのもやもや病に関する情報を共有しませんか? 原因がわからない病気で、症状や治療法はひとそれぞれ。手術が必要な場合だったり、検査を受けるべきか悩んでいたり。手術は受けたけど、数年後はどうなるの?とか。 同じもやもや病のみんなはどうなんだろう。 「私の場合はこうだったよ」と共有していただけると他の誰かが救われるかもしれません。ご家族が少しでもホッとするかもしれません。 もし誰かが公開した内容でアドバイスできることがあれば、そっと返信していただけるともっと助かるかもしれません。 ご協力お願いいたします!
  • 小児神経科、脳神経外科、神経内科を受診して、MRIMRAの精密検査を受けてください。MRI(磁気を使った断層撮影)とMRA(磁気を使った脳血管造影)が診断に極めて有用です。MRAは全く造影剤は使いません。寝ているだけで血管検査ができます。
  • TOBYO
PAGE TOP ↑