*

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)

主に大脳の知的活動をつかさどる部分の損傷によって起こされる、様々な症状(神経心理学的症状)の総称
記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害等で脳の損傷部位によって特徴が出る。
その障害は外からでも分かりにくく自覚症状も薄いため隠れた障害と言われている。
よく、ひと言で「高次脳」と略されるため、脳内にそのような部位があるのか、と勘違いされることがあるが、そうではなく、わかりやすく言うなら「高次の脳機能の障害」である。

  • 記憶力が低下した
  • 怒りっぽくなった
  • 複数の動作を同時にすることができない、物事を順序だてて取り組むことが困難
  • 幼稚な言動、行動がみられる
  • 感情が鈍麻している
  • 本人は自分が変わったこと、できなくなったことなどに気づかない

上記の症状の一部でも該当する場合は高次脳機能障害の可能性がある。

障害別の具体的な症状

  • 記憶障害:新しいことを覚えられなくなったり、以前のことを思い出せなくなったりする。
    • ついさっき自分がしたことを忘れてしまう
    • 昔のことを思い出せない
    • 日付や自分のいる場所がわからない
    • 約束をすぐ忘れてしまう
    • 何度も同じ質問を繰り返す
  • 注意障害:物事に集中出来なかったり、周りのことが気になったり、気が散りやすくなる。
    • いつもぼんやりとしている
    • ひとつのことを長く続けることができない
    • 仕事をするときにミスが多い
    • 2つのことを同時にやろうとすると混乱する
  • 遂行機能障害:目標を決めて、計画を立てて実行し、その結果に基づいて行動することが困難。
    • 優先順位を決められない
    • 見通しを立てて行動することができない
    • 行き当たりばったりの行動を取る
    • ひとつひとつ指示されないと行動に移せない
  • 社会的行動障害:依存的になり、感情や行動を自分で調整することが難しくなる。
    • 感情のコントロールがうまくいかない
    • 人の気持ちを上手く察することができない
    • 欲求が抑えられない
    • ちょっとしたことにひどくこだわる
    • 意欲が低下したり、物事に無関心になる

その他にも、

  • 失認
  • 失行
  • 半側空間無視
  • 病識欠落

などの症状もある。

生活上の注意

高次脳機能障害の方の動作は周りの方から見ていて歯がゆいように感じます。そして本人はその周りの歯がゆさを感じることにより、あせったり、いらついたり、落ち込んだりしてストレスをためてしまいます。その結果、動作自体を行わなくなることが少なくありません。しゃべると間違えるため、言葉自体を発しないようになってしまったり、何かをしようとするとすぐに周りから注意されるため何もしなくなったりします。しかし、そうなるともともとの障害に加えて、使わないことによる障害(廃用)の要素が加わり障害はより重度になってしまいます。そのため、本人も周りの方々も障害を正しく理解し、何ができて何ができないのかを知った上で本人と接し必要に応じて手助けを行うことが重要です。
高次脳機能障害のリハビリテーション

にほんブログ村のランキングに参加しています!
こちらをクリックいただくと、このブログがランクアップします(・∀・) ご協力よろしくお願いします! にほんブログ村 病気ブログ もやもや病へにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

皆様から頂いたコメントは下記の関連記事、新着記事をスクロールし、その下に表示されます。

関連記事

no image

直接バイパス手術、直接吻合術(ちょくせつふんごうじゅつ)、STA-MCAバイパス手術

脳卒中を防ぐ技術 (脳神経外科専門医が教える) ↑↑こちらの本、とて...

記事を読む

no image

血管造影(けっかんぞうえい、アンギオグラフィー、アンギオ)

動脈、静脈、心腔などの血管内部またはルーメンの状態を可視化する医用画像...

記事を読む

no image

特定疾患(とくていしっかん)

いわゆる「難病」のうち日本において厚生労働省が実施する難治性疾患克服研...

記事を読む

no image

もやもや血管(側副血行路、そくふくけっこうろ)

正常血管に見られるような内膜、中膜、外膜といった細胞組織を持たない血管...

記事を読む

no image

MRA(エムアールエー、磁気共鳴血管造影、じききょうめいけっかんぞうえい、MRアンギオグラフィ)

核磁気共鳴画像法 (MRI) を用いて特に血管だけを取り出し鮮明に画像...

記事を読む

新着記事

20140724-093923-34763675.jpg

ゆんさんの場合

1. 発症した年齢 34ヶ月(管理人注:34歳??) 2....

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

たかちゃんさんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 43歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

ぺりさんの場合

1. 発症した年齢 23歳 2. 現在の年齢 25歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

元気が一番さんの場合

1. 発症した年齢 14歳 2. 現在の年齢 47歳 ...

記事を読む

20140724-093923-34763675.jpg

なかつさんの場合

1. 発症した年齢 4歳 2. 現在の年齢 42歳 ...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

20140724-093923-34763675.jpg
ゆんさんの場合

1. 発症した年齢 34ヶ月(管理人注:34歳??) 2. 現在の年齢

20140724-093923-34763675.jpg
たかちゃんさんの場合

1. 発症した年齢 42歳 2. 現在の年齢 43歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
ぺりさんの場合

1. 発症した年齢 23歳 2. 現在の年齢 25歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
元気が一番さんの場合

1. 発症した年齢 14歳 2. 現在の年齢 47歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
なかつさんの場合

1. 発症した年齢 4歳 2. 現在の年齢 42歳 3. お住まいの地

20140724-093923-34763675.jpg
さと~さんの場合

1. 発症した年齢 38歳 2. 現在の年齢 38歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
ウサギさんの場合

1. 発症した年齢 6歳 2. 現在の年齢 41歳 3. お住まいの地

1351744249_news
「もやもや病、ミトコンドリアの異常が発症に影響」 韓国研究グループ

ソウル大学子ども病院のキム・スンギ教授の研究グループは、「もやもや病」

20140724-093923-34763675.jpg
いちまる。さんの場合

1. 発症した年齢 41歳 2. 現在の年齢 42歳 3. お住まいの

20140724-093923-34763675.jpg
じゅじゅさんの場合

1. 発症した年齢 歳 2. 現在の年齢 54歳 3. お住まいの地域

→もっと見る

  • みなさんのもやもや病に関する情報を共有しませんか? 原因がわからない病気で、症状や治療法はひとそれぞれ。手術が必要な場合だったり、検査を受けるべきか悩んでいたり。手術は受けたけど、数年後はどうなるの?とか。 同じもやもや病のみんなはどうなんだろう。 「私の場合はこうだったよ」と共有していただけると他の誰かが救われるかもしれません。ご家族が少しでもホッとするかもしれません。 もし誰かが公開した内容でアドバイスできることがあれば、そっと返信していただけるともっと助かるかもしれません。 ご協力お願いいたします!
  • 小児神経科、脳神経外科、神経内科を受診して、MRIMRAの精密検査を受けてください。MRI(磁気を使った断層撮影)とMRA(磁気を使った脳血管造影)が診断に極めて有用です。MRAは全く造影剤は使いません。寝ているだけで血管検査ができます。
  • TOBYO
PAGE TOP ↑